【おまとめローンどこがいい】

おまとめローンどこがいい?審査が通りやすい借入先リスト
TOP PAGE >

おまとめローンと住宅ローンの関係

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

ただ、お金がないからカードローンを利用していることは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

そのうえ、住宅ローン利用者であれば優遇金利が適用になる場合がありますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローンを組んでみるのもありかもしれません。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行の審査が通りやすいおまとめローンはフリーローンが多いので追加融資が可能ですから借入額が増えるリスクも含んでいます。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融のおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは銀行と比較して審査に通りやすかったり、審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスである程度の範囲に収まっていれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高く個人事業主やフリーター、入社1年未満という人は低い評価になります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目で過去に自己破産を経験していたり返済の遅延があった人などは厳しく審査されることになります。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスに審査が通りやすいおまとめローンはありませんがフリーローンで対応することができます。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて最短2時間で審査回答、最短で翌日融資可能などスピード感がと低金利が魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし申し込み要件に年収制限はありませんから、パートでも申し込みが可能です。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

「りそなプレミアムフリーローン」は「プライベートローンJ」の上位商品ですが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新しい借入先を見つけ既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンという名前でおまとめローンを提供している金融機関もあります。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムには審査が通りやすいおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

マイカーローンというのは5年から7年にわたる返済期間になりますので、ショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品になりますので毎月の返済額が高くなるのは否めません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた審査が通りやすいおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめは、マイカーローンの返済には使えないかもしれません。

その理由は、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは貸金業者からの借金を1本化するためのものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で融資を受けたマイカーローンでキャッシング枠ということでしたら対象になりますがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

審査が通りやすいおまとめローンの手続きで一番簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですし土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンを利用する際のメリットとデメリット

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高借入れ限度額は10万円から300万円で金利は6.5%から14.0%低金利な上に来店不要という点も魅力です。

銀行のキャッシングローンなので年収の1/3という制限はありませんし昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

利用できる人は日本在住、満20歳以上完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入があるという条件を満たす必要がありますが過去の返済状況によっては落とされる可能性があります。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

審査が通りやすいおまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

審査が通りやすいおまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

審査が通りやすいおまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが審査が通りやすいおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高い人ほど適用金利は下げられますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンの審査でつまづいている人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

参考:おまとめローンどこがいい?低金利でおすすめ【審査通りやすい銀行は?】

通常のローン審査では年収や勤務先などの個人情報を採点したり情報センターに問い合わせをしますがこれらの項目に問題が無ければ審査落ちすることは考えにくいです。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3までが借入総額の限度です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

審査が通りやすいおまとめローン利用者は多重債務者なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンであればそれも1つの選択肢としてありだと思いますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に使えない可能性があります。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠であれば対象となりますがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

銀行では、審査が通りやすいおまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいるとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、審査が通りやすいおまとめローン利用者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を明らかにしなければ、次の審査が通りやすいおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

おまとめローンは年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額などが審査され問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

審査が通りやすいおまとめローンは複数の借入れを1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

審査が通りやすいおまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンの手続きを効率よく進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融で審査が通りやすいおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。


ただいまの時刻








おまとめローンはどこがいい?金融機関が提供する「おまとめローン」を使って複数のローンを一つにおまとめませんか?

Copyright (C) 2014 おまとめローンどこがいい?審査が通りやすい借入先リスト All Rights Reserved.

ページの先頭へ