ベビーシッター資格取得方法

ベビーシッターはファミリーサポートセンターや保育ママなどの自治体に準ずる団体で働く際に有利に働く資格です。

ベビーシッターの資格がなくても子どもを預かることは可能ですが、信頼性という観点や子どもの心理や行動に関する勉強をしてきたというアピールにもつながりますので、預ける側としても安心感が増します。

ベビーシッター資格を取得するためには、通信教育等で提供しているベビーシッター養成講座を受講し修了することが最適です。

チャイルドマインダーの養成講座等も合わせて取得されるとまた信頼度がアップしますし、個人で託児室を開業する事も可能になります。

ベビーシッターとしての実務経験を持ち、2つの研修を修了後に行われる試験を合格すると認定ベビーシッターという認定資格を付与する団体もあります。

ベビーシッターとしてのスペシャリストとして活躍できますので、是非取得されるとよいでしょう。

認定ベビーシッターになるためにの研修や試験は東京・大阪・名古屋の3会場でのみ行われます。

必須の研修は3日間の予定で行われます。

認定試験は年に一度行われます。

これらのベビーシッター資格を持っていると、先述のファミリーサポートセンターや保育ママなどの業務上信頼度が上がりますが、資格を持っていても団体が定める必須の研修を必ず受ける必要が生じますのでご注意ください。

民間の託児施設などでも勤務することができますが、入社の条件として保育士または幼稚園教諭などの資格を取得していることが大前提となることがありますので、事前に調べておかれることをお勧めします。

ページのトップへ戻る