育毛剤の副作用について

育毛剤の副作用は中にはかなりの頻度で発生する場合もありますが、定められた用量や用法を守っている限りは、まず重篤な状況に陥るようなことはないと言って良いでしょう。

育毛剤の副作用としてよく聞かれるのは患部のかゆみやかぶれなどです。

これは外用液で起りやすいのですが、稀に服用剤タイプの育毛剤であっても発生する場合があります。

かゆみが軽い時は放置しておいてもいずれ症状はなくなりますが、かゆみが我慢できないほど強かったり、かぶれてきた場合には早急に医師に連絡して下さい。

また外用液タイプの育毛剤を使う際に、多くの量を使用するほど効果が上がりそうな気がして、ついつい使い過ぎることがありますが、これは非常に危険な行為ですから、絶対にしないようにしましょう。

またミノキシジルを含む育毛剤は効果が高いため人気がありますが、効果とひきかえに副作用もあると考えておいた方が良いでしょう。

特にミノキシジルを5%も含有しているような育毛剤の場合は、かゆみやかぶれなどの他、血管拡張されることによって、吐き気やめまいといった症状を引き起こす場合があります。

本来、ミノキシジルは高血圧の人に処方される医薬品です。

そのため低血圧の人が大量に使用した場合には、多少なりともリスクが伴うと考えておいた方が良いでしょう。

育毛剤の中には男性ホルモンをおさえるような作用をする製品が多く存在します。

これによって男性機能が低下するといった副作用が生じることがあります。

これは男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロンを抑圧するために起るもので、勃起不全(ED)などの原因になりますので注意しましょう。

ページのトップへ戻る