【おまとめローンどこがいい】

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく
TOP PAGE > 銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行の審査が通りやすいおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円ですから、銀行と比較すると見劣りするのは否めません。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

審査が通りやすいおまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に通らないことがあります。

借入件数が5社になるとほとんどアウトですが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

第一に行うべきことは、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を計算して完済できるローンを洗い出しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済に支障はないと判断されて審査を通過するケースも多いようです。

多重債務を1本化できる審査が通りやすいおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

審査が通りやすいおまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

審査が通りやすいおまとめローンに申し込むと審査を受けることになりますが借入金額が大きいなどの要因で審査内容は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は長い目で見れば、支払総額が多くなるというデメリットがあることを忘れないで下さい。

毎月の返済額が下がると借金が減ったと勘違いする人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

住宅ローンを借りる場合、カードローンを利用していると審査に通り辛くなるという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

そうはいっても、カードローンで借金している事実は変わりませんからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

なお、多重債務者の場合は審査が通りやすいおまとめローンを利用して借金を1本化することが最優先です。

審査が通りやすいおまとめローンを利用している所から住宅ローンの融資を受けるのは不利になるだろうと思う人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

審査が通りやすいおまとめローンを組む際に最も簡単な方法は申込から契約まですべてインターネットで行えるweb完結です。

web上ですべての手続きが完了するのでローンの手続きを他人に見られる心配もありませんし24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web完結とweb申し込みは間違えがちですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので自動契約機に免許証を持参して手続きをとりローンカードを受け取る方式もあります。

web完結なら曜日や時間に関係なく手続きができるだけでなく郵送でのやり取りが無いローンもあるので時間を節約することができます。

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類を知りたい場合は、おまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはネットで「おまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行の審査が通りやすいおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るコツやポイント、通らない人の傾向など有益な情報が多いので審査が通りやすいおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

マイカーローンは5年から7年の返済期間ですからショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

ローン返済中に給料が下がってしまったり転職などで収入が減ってしまうと毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めた審査が通りやすいおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

なぜならば、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは貸金業者からの借入れを1本化するためのものなので銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

審査が通りやすいおまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

しかし、月々の利息を減らしたり返済金額を抑えることができても場合によっては、更に状況が悪化することになります。

審査が通りやすいおまとめローンにしても元本は変わらないので月々の返済額を今より低くすると返済期間は長くなってしまいます。

返済期間が延長すればするほど利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

何件もの金融業者から借り入れがあると引き落とし日を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから借金の全てを完済できる金額を借り入れるのにはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

ただいまの時刻








おまとめローンはどこがいい?金融機関が提供する「おまとめローン」を使って複数のローンを一つにおまとめませんか?

Copyright (C) 2014 おまとめローンどこがいい?審査が通りやすい借入先リスト All Rights Reserved.

ページの先頭へ