【おまとめローンどこがいい】

審査が通りやすいおまとめローンを
TOP PAGE > 審査が通りやすいおまとめローンを

審査が通りやすいおまとめローンを

審査が通りやすいおまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは1.7から12.5%(じぶん銀行借り換えコース)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンを借りるにしても毎月の返済金額を減らすという場合は返済期間が長くなる事を忘れてはいけません。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

複数の金融業者から借り入れがあると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

多重債務している人は与信限度額が低いために借入れ件数が増えたのでしょう。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なので取りあえず、申し込むことをおすすめします。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が既存のローンを一括返済するために、新規の融資を受けるためのローンです。

何件もの金融機関から借り入れをしていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

消費者金融大手のアコムには審査が通りやすいおまとめローンに使える借換え専用ローンと言う名前のキャッシングサービスがあります。

消費者金融は総量規制を受けるため年収の1/3を超える融資ができませんが利用者のメリットとなるおまとめや借り換えには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件でおまとめローンの借入れを含めた借入額が年収の1/3をオーバーしてもOKな制度です。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、貸付利率は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

しかし、審査が通りやすいおまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

審査が通りやすいおまとめローンという商品を扱っている金融機関では自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在、借入している金融機関の金利や借入額を入力するだけで審査が通りやすいおまとめローン後の返済額などが瞬時に表示されますから簡単に比較することができるのです。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行の審査が通りやすいおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

審査が通りやすいおまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済しなければいけない元本に変化はありませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長引けば、長くなった分だけ金利が発生するということになりますので返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンというものは複数の借入れを1本化することで毎月の返済額や利息の負担を軽くできるというメリットがあります。

しかしながら、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合わない返済方法を選んでしまった場合、更に状況が悪化してしまうこともあります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば延びるほど支払う利息も比例して増えていきますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行の審査が通りやすいおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんので出来る限り、カードローンは住宅ローンの審査までに解約しておきましょう。

なお、多重債務者の場合はおまとめローンで1本化することが最優先です。

審査が通りやすいおまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンは不利になると思っている人もいると思いますがすでに取引実績がある金融機関で滞納なく返済していれば逆にプラス評価となります。

それに加えて住宅ローン利用者は優遇金利となる場合がありますから優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

審査が通りやすいおまとめローンの申し込みで一番手軽な方法はweb完結というインターネットを使った手続きです。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、夜中や早朝でも、自分の都合が良いタイミングで申し込むことができます。

web申し込みとweb完結は違うために注意が必要ですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

申しこんでから審査結果が通知されるまではweb申し込みでも可能ですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

審査が通りやすいおまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「審査が通りやすいおまとめローン よくある質問」と検索して情報サイトを探すのがいいでしょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のメリット・デメリットも紹介されていますし金利やサービス内容の比較等もあるため、金融機関のHPでは得られない情報が満載です。

審査に通るコツや落ちる人の傾向など、初めてローンを組む人には大変有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

ただいまの時刻








おまとめローンはどこがいい?金融機関が提供する「おまとめローン」を使って複数のローンを一つにおまとめませんか?

Copyright (C) 2014 おまとめローンどこがいい?審査が通りやすい借入先リスト All Rights Reserved.

ページの先頭へ