【おまとめローンどこがいい】

審査が通りやすいおまとめローンに申し込ん
TOP PAGE > 審査が通りやすいおまとめローンに申し込ん

審査が通りやすいおまとめローンに申し込ん

審査が通りやすいおまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因がわからなければ、次の審査が通りやすいおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件全て問題が無いということになれば審査に合格することができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで常識的な範囲に収まっていれば返済可能と判断されるようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

住宅ローンを組む際にカードローンを利用していると不利になるという話がありますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、多重債務者の方はおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、審査が通りやすいおまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますので優良顧客という自信がある場合、同じ金融機関で住宅ローン審査の審査を受けてみてはいかがでしょうか。

審査が通りやすいおまとめローン審査が難関な人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり平均レベルに達していれば審査落ちする可能性は低いです。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり契約社員はアルバイトと同じレベルで評価される場合もあります。

審査が通りやすいおまとめローンの場合、利用者は多重債務者なので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンを利用することで毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

おまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

銀行と消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関から審査が通りやすいおまとめローンを借りるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間の長期化は発生する利息を増加させますのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

銀行で、審査が通りやすいおまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行の審査が通りやすいおまとめローンの特徴として低金利で高額融資が挙げられますが一方の消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは最大金利が18.0%、最大融資額は300万円と銀行よりも見劣りするスペックです。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく借り換えローンというサービス名で審査が通りやすいおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが消費者金融、銀行どちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いを挙げると消費者金融の審査が通りやすいおまとめローン、借り換えローンは追加融資はできないのですが銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんがおまとめローンにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

審査が通りやすいおまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者なら前向きに審査してくれると思います。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むということも考えなければいけないかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンならその発想もアリなのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から融資を受けて組んだマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

数社から借り入れているローンを1本化できる審査が通りやすいおまとめローンを利用すると借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットも多いので、事前にチェックする必要があります。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済額がキツくなったという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようですでに返済が終わった業者から勧誘を受けると、再び借り入れてしまう危険もあります。

ただいまの時刻








おまとめローンはどこがいい?金融機関が提供する「おまとめローン」を使って複数のローンを一つにおまとめませんか?

Copyright (C) 2014 おまとめローンどこがいい?審査が通りやすい借入先リスト All Rights Reserved.

ページの先頭へ