【おまとめローンどこがいい】

「はじめてのアコム」でお馴染みのア
TOP PAGE > 「はじめてのアコム」でお馴染みのア

「はじめてのアコム」でお馴染みのア

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムには審査が通りやすいおまとめローンに利用できる借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますが審査が通りやすいおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが貸付利率は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

銀行にはおまとめローンという商品は意外と少なく借り換えローンやフリーローンが一般的かもしれません。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融のおまとめローンというものは、総量規制の特例貸付が適用されますので返済専用のローンになります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類ということになります。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンに申し込んでみたところ審査に落ちたという人には何らかの原因があります。

その原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、これらの条件に照らし合わせて問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなりフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は過去の借り入れ等を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

審査が通りやすいおまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので審査が通りやすいおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

多重債務を1本化できる審査が通りやすいおまとめローンはバラバラな返済日を一括管理することができます。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

月々の返済額がキツくなったという人は返済期間が長くなるので、支払う利息が多くなる事を忘れてはいけません。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

審査が通りやすいおまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額が少なくなることで経済的な負担が軽くなるというメリットがあるのですがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長期化することで、その分金利も発生しますので返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますので審査が通りやすいおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

テレビCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミス審査が通りやすいおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく完済に関する手数料は一切かからないというメリットもあります。

審査が通りやすいおまとめローンとは何件もの金融業者から借り入れている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者からお金を借りれいるとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

利息面でも低い与信額の方が利率が高くて不利になるので何件ものローンを1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査の目が厳しくなったり、通らないことも考えられます。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような商品を探した方が賢明です。

埼玉りそな銀行にはおまとめローンや借り換えローンがありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

最高限度額は消費者金融と同じですが、金利が6.5%から14.0%と低く最短2時間で審査回答という消費者金融のようなスピード審査も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

安定した継続収入がある人で満20歳以上完済時年齢71歳未満の日本在住の人なら申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

りそな銀行には「プライベートローンJ」の上位にあたる「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の確定申告書などの収入を証明する書類が必要になります。

ただいまの時刻








おまとめローンはどこがいい?金融機関が提供する「おまとめローン」を使って複数のローンを一つにおまとめませんか?

Copyright (C) 2014 おまとめローンどこがいい?審査が通りやすい借入先リスト All Rights Reserved.

ページの先頭へ