転職をする理由

転職をする理由は人それぞれ。

「転職してはいけない理由」はないので、どんな理由でも転職をする事は可能です。

しかし、学校を卒業してすぐに就職をする場合と違い、転職する際には、必ず面接で「なぜ転職をしようと考えたのですか?」と転職の理由を聞かれることを頭に入れておきましょう。

転職の理由には、「現在の会社が嫌い」「やりたい仕事ではない」「残業が多すぎて疲れる」「人間関係がうまく行かない」など、マイナスの理由で転職をする事もあると思います。

もちろん、それでもOKなのですが、面接の際にこういったマイナスの理由を挙げてしまうのはNGですね。

転職するなら、できればプラスな理由で転職したいものです。

例えば、「人と接するのが好きなので営業という仕事が向いていると思って転職を考えた」「外国語を生かした仕事をしたいと思って資格も取得し、外資系である御社で力を発揮したい」など、悲観的な理由でなければ何でも良いのですが、面接官が思わず微笑んでしまうような、そんなプラスな転職理由で面接に望む事が大切です。

もちろん、面接ではプラスの転職理由を伝えても、心の中に持っている真の転職理由はマイナス・・・ということもあると思います。

そんな時には転職を考える前にもう一度考えてみてください。

人間関係などがうまく行かない場合には、もしかしたら転職しても同じ問題を抱えてしまう可能性があります。

転職してイヤなものから逃げるのではなく、イヤなものと妥協しながら上手に付き合う方法を見つけるのも、社会人として一歩成長できるのではないでしょうか。

ページのトップへ戻る