ウォールストリート とは?

ウォールストリートという名前は、誰もが1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ウォールストリートは、ニューヨークマンハッタン島のロウアーマンハッタンに位置する細い通りの1つです。

これだけなら特に重要なものではありませんが、ニューヨーク証券取引所をはじめ、米国の金融史とゆかりのある地区なので、世界的に有名なのです。

ウォールストリートは、実際の通り以外にも周辺区域を含めて、そう呼ばれています。

ちなみに米国の金融業界や、証券市場を指す比喩としても使われていることで有名です。

日本における株式市場の代名詞として「兜町」が使われていますが、こちらは一般人への知名度がそれほど高くありません。

ウォールストリートは、材木の取引のために商人や投資家が集まって、取引所を開設したことからはじまりました。

そしてその後、アメリカが世界的に繁栄するにつれて、世界の金融の中心として発達しました。

ちなみに名前のウォールは、現在のニューヨークであるニューアムステルダムに入植したオランダ人が、木材などを利用して築いた壁が由来になっています。

現在のウォールストリートは、多くの金融機関が置いていた本社機能を、別の地域へ移転させてしまっているため、名前だけの存在になっています。

順米国資本の大手金融機関の本部は存在しません。

しかしあまりにも有名なため、現在も世界の金融地区としてのウォールストリートで定着しています。

投資活動には必要のない知識ですが、それでも知っておいて損はない知識です。

ページのトップへ戻る